トップ > 116 朝におすすめの飲み物は、緑茶!カフェインですっきりよい目覚めを!

こんにちはゲスト 様

営業日カレンダー

2024年7月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

2024年8月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

当サイトは、ジオトラストの認証を受けています。シールをクリックすると、サイト運営会社の身元確認ができます。個人情報はSSLにより暗号化送信されます。

朝におすすめの飲み物は、緑茶! カフェインですっきりよい目覚めを!

2024.07.01

↓この記事に関連する商品を購入する

朝食の画像

寝起きが悪くて困っている人には、温かい緑茶がおすすめ!その理由は目覚めに効果のある健康成分・カフェインがたっぷり含まれているからです。また「朝茶はその日の難逃れ」ということわざもあり、朝に飲むお茶は縁起もよいんです。今日からぜひ始めてください!

目次

1.朝の目覚めがすっきりしない人は緑茶がおすすめ!

注がれる緑茶の画像

一日の始まりである朝。よいスタートを切って、一日中元気に過ごしたいものです。「どうにも眠気がとれない」という方にぜひ試していただきたいのが、熱々のお湯で緑茶を淹れること。カフェインがたくさん溶け出しているので、朝飲むのにぴったりです。

一番濃い味深蒸し茶 1,728円(税込)

2.そもそもカフェインってなに?

茶葉の画像

カフェインとは、茶葉や珈琲豆、カカオ豆などに含まれる成分で、眠気を覚ましたり、疲労感を和らげたり、頭痛を軽減するなどの作用があるといわれています。

カフェインと聞くとコーヒーを思い浮かべる方も多いでしょうが、日本では昔から、朝からシャキッと過ごすためにお茶が飲まれてきました。たとえば、古くは鎌倉時代の禅僧が厳しい修行の際にお茶を飲んでいたと伝わり、お茶の葉は「メザマシソウ」という別名でも呼ばれていたそうです。そして近代の研究により、お茶に含まれるカフェインの健康パワーが証明されました。

カフェインは適量を摂取することで、日常の活動やパフォーマンスを向上させる助けとなります。その量には個人差があるため、過剰摂取には注意が必要ですが、自分のからだと対話しながら、適度な量を取って、カフェインの恩恵を健康的に享受しましょう。

3.お茶のカフェイン量は、茶葉の種類と湯温で異なる!

カフェインの溶出割合の画像

カフェインの含有率は栽培の仕方や加工方法で変わり、玉露や抹茶には特に多くのカフェインが含まれています。また、カフェインには、お茶を淹れる際の湯温が高いほど、より多く溶け出すという性質があります。

そのため、熱々のお湯で淹れたお茶を飲めば、効率よくカフェインを摂取でき、シャキッと過ごせるでしょう。忙しい朝は、高い湯温で淹れて楽しむのがおすすめです。

4.朝茶は縁起もいい!ことわざにもなっているんです!

お茶を飲んでいる女性の画像

お茶に関することわざに「朝茶はその日の難逃れ」というものがあります。「朝に飲むお茶は縁起がよく、災難から遠ざけてくれる」という意味です。こうした言葉が残るように、昔は広く親しまれていた朝のお茶習慣。ぜひ朝食と一緒に熱々の緑茶を飲んで、清々しい毎日をお過ごしください。

奥山 1,944円(税込)

5.まとめ

皆さんは朝の目覚めはよいですか?もし目覚めの悪さに悩んでいたら、明日からぜひすっきりとした目覚めをサポートしてくれるカフェインがたっぷり含まれた緑茶を飲んでみてください。カフェインには、お茶を淹れる際の湯温が高いほど、より多く溶け出すという性質があるので、より効果を実感したい方は、熱々のお湯で淹れたお茶をどうぞ。

「朝茶はその日の難逃れ」ということわざにもあるように、昔から日本人に親しまれてきた朝に飲むお茶を、皆さんも習慣にして、心身ともに健やかな毎日をお過ごしください。


この記事に関連する商品

ページトップへ