トップ > 089 あんこライター激推しの春のお菓子3選|京都の行事と楽しむ和菓子

こんにちはゲスト 様

営業日カレンダー

2024年2月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

2024年3月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

当サイトは、ジオトラストの認証を受けています。シールをクリックすると、サイト運営会社の身元確認ができます。個人情報はSSLにより暗号化送信されます。

あんこライター激推しの春のお菓子3選|京都の行事と楽しむ和菓子

2024.02.01

 
↓この記事で取り扱っている商品を購入する

春の和菓子の画像

あんこ菓子のことならこの人に聞け!関西を中心にTV出演・執筆など“あんこライター”として活躍するかがたにのりこさんに、春に食べたい和菓子のエッセイを書き下ろしてもらいました。季節のお菓子を用意して、お茶時間をお楽しみください。

目次

かがたにのりこさんの画像

かがたにのりこ/石川県金沢市出身のあんこ熱愛ライター。和菓子と加賀棒茶に囲まれて育ち、大学進学を機に京都へ。京都のあらゆる和菓子に心を躍らせながら、さまざまな媒体やイベントであんこの魅力を発信している。

1.<3月>京都の桃の節句に欠かせない「ひちぎり」

ひちぎりのイラスト

ひちぎりは、京都でひな祭りの時期に食べられる上生菓子です。漢字で書くと「引千切」と表記します。

一風変わった名称と、どこかかわいらしい見た目が印象的な和菓子について、かがたにさんにお聞きしました。

■貝のような形をしているひちぎりってどんなもの?

お吸い物の画像

金沢生まれなもので、子どもの頃はひな祭りのお菓子といえば「金花糖(きんかとう)」と呼ばれる砂糖菓子が常でした。ほぼ砂糖の塊なので、日持ちは抜群。鯛や野菜を模った色とりどりの金花糖が人形と共に一ヵ月近く飾られているのを眺めながら、まだ食べちゃだめ? と、お雛様たちに哀願の眼差しを送っていたのを覚えています。

京都の桃の節句には「引千切」というお菓子が欠かせません。もとは平安時代、宮中で子どもの幸せを祈願する儀式の祝儀「戴餅(いただきもち)」に由来します。くぼみのついた土台部分の端がピョコンと伸びた独特の形をしているのは、昔、宮中の人手が足りないときに餅を丸める手間を惜しんで、引きちぎった名残なのだとか。くぼみの上には丸めたあんこや、きんとんがこんもりとのせられています。

■実はお店によってさまざまなんです!

2種類のひちぎりの画像

戴餅は白いお餅を引きちぎって、くぼみの上にあんこをのせただけだったそうですが、ひちぎりはどのお店にも2種類ないし3種類の色違い、味違いがあることがほとんどです。春色のパステルカラーがどれも愛らしく、一つに絞るのはとても悩ましい…!なので、ここは一人一つとはいわずに、男雛と女雛のように対で揃えてしまいましょう、というのは、甘党の巧妙な言い訳です。3種類の場合は、三人官女ということにして。なお、リアルに3人の女子が集まると、桃ではなくおしゃべりの花が咲きますゆえ、たっぷりとお茶を用意するのもお忘れなく。

2.<4月>「花より団子」の団子といえばこれ!

3色団子のイラスト

誰もが目にしたことがある、ピンク、白、緑の3色団子。通称「花見団子」は、安土桃山時代に豊臣秀吉が京都で春の大茶会を開いた際、考案したとも言われています。多くの和菓子は、見た目や味わいに地域差があるのに対し、花見団子は変わりません。和菓子に詳しいかがたにさんに、自身の花見団子のエピソード、花見団子にまつわる逸話をお聞きしました。

■全国共通の和菓子は実は珍しい!

桜の並木道の画像

また今年もお花見は近所でひっそりとかなぁ、とため息を一つ。中止や延期が多すぎて、今や深刻に落ち込む暇もないほどです。同じ沿線に暮らす友人たちと三家族合同でお花見をしていた定例行事から遠ざかって、もう3度目の春。気合を入れてお花見弁当をつくることはなくなったとはいえ、私の「花より団子精神」だけは今年も健在です。(※執筆年は2022年)

お花見のおともには、やはり花見団子。たとえば桜餅のように、関東と関西で見た目が大きく異なるお菓子もありますが、花見団子は全国的に、ピンク・白・みどりの3色が主流です。そして、順番も上から同様に。この色の由来や並び順については諸説あって、どれも興味深いのですが、私が最も好きなのは、桜の花の移り変わりを表しているとの説。まずはじめに薄紅色のつぼみが膨らみ、次に白い花を咲かせ、やがて葉桜へと移り変わる姿になぞらえたといわれています。なんと花見団子は「花より団子」どころか「団子にして、花!」だった、とは言い過ぎでしょうか。今年はカジュアルな野点道具を手に入れたので、お抹茶とともに近所の桜並木の下で花も愛でながらいただくつもりです。

■花見団子にまつわるおもしろい逸話

ほかには、春の陽射し、冬の雪、草木が芽吹く夏を表している説なども。なぜ四季を表す四個一串ではないのかというと、「秋がない」すなわち「(食べ)飽きない」「商い(が繁盛する)」とかけているのだとか。商魂の逞しさにクスッと笑えて、食べるだけで元気になれそうです。

3.<5月>透明感があり美しい菓子「琥珀糖」

琥珀糖のイラスト

寒天を煮て溶かし、砂糖と色素を加えてつくる琥珀糖は、宝石のように美しく、近年SNSなどで話題をさらっています。

小さい頃から和菓子に親しんできたかがたにさんの、琥珀糖にまつわる幼い頃のかわいらしいエピソードをお届けします。

■まるで宝石!その美しさの秘密は?

琥珀糖の画像

今やすっかりお家大好き人間の私も、幼い頃は外遊びの申し子でした。よく一緒に遊んでいたのが、自転車屋さんの同級生Y君。彼と遊ぶときのお楽しみは、外にいてもおやつの時間になると彼の家に行き、お茶をすること。自転車のタイヤと金属パーツと油の混ざった匂いのする店を奥に進み、薄暗く急な階段を上がりドアを開けると、Y君のお母さんがつくる甘いおやつの香りがいつも迎えてくれました。

ある日用意されていたのは、お手製の美しい「琥珀糖」。当時は和菓子屋さんでしか見たことがありませんでした。子どもの私には、材料もレシピも皆目見当が付かず、「こんな宝石のようなお菓子がつくれるなんて、魔法使いみたい!」と彼のお母さんのことを琥珀糖に負けないくらいキラキラした瞳で見上げたものです。砂糖液を寒天で固め、ていねいに乾かしたこのお菓子は、硬そうな見た目とは裏腹に、外はシャリっと、中はふるりとした食感。果汁などを入れた最近のものとは違って、食紅で色をつけただけ。味の違いはないのですが、一色一色大切に食べたことを覚えています。

■お茶との相性は抜群です!

冷たい緑茶の画像

手づくりの琥珀糖の隣には、グラスに水滴をびっしりとつけた冷たい緑茶が置かれていました。

今でもお店で見かけると、つい手にとってしまう私の定番おやつ。特に初夏になると無性に琥珀糖が恋しくなるのは、懐かしいあの日から、とけない魔法にかけられているからなのかもしれません。

4.まとめ

あんこライター・かがたにのりこさんの季節のお菓子のエッセイ、お楽しみいただけましたか? 京都のひな祭りには欠かせない伝統の上生菓子「ひちぎり」、桜の季節に食べたくなる全国共通の「花見団子」、まるで宝石のように美しい「琥珀糖」……。暦や季節の行事などにのっとってお菓子を用意すれば、お茶の時間がもっと楽しくなります。みなさまもお好みのお茶のおともに、ぜひご賞味ください。


この記事で取り上げた商品

ページトップへ