トップ > お茶の種類について > 深蒸し煎茶

こんにちはゲスト 様

当サイトは、ジオトラストの認証を受けています。シールをクリックすると、サイト運営会社の身元確認ができます。個人情報はSSLにより暗号化送信されます。

営業日カレンダー

2017年11月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

2017年12月

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

は休業日とさせていただきます。ご注文は年中無休24時間承ります。

「深蒸し茶」じっくり蒸し上げ、健康に良い栄養成分たっぷりです。濃厚な味わいをお楽しみ下さい。

お茶の種類について 深蒸し煎茶  (商品数:50件)

通常より蒸し時間を長くすることにより、カテキンなどの健康成分がたっぷり。また他にはない濃厚な味わいも特長の一つです。

深い蒸し茶
わずかな蒸し時間の違いで大きく変わる
蒸しの工程
 テレビや新聞などで「健康に良い」と取り上げられて以来、今なお全国的に大ブームが続いている深蒸し茶。深蒸し茶は、その名の通り、お茶を製造する時の最初の工程である「蒸し」の時間を長くとって仕上げたお茶のこと。一般的に、「標準蒸し」と呼ばれるお茶の蒸し時間が約三十秒ほどなのに対し、深蒸しはそれより2~3倍長い約60~90秒もかけて蒸していきます。  時間にしてわずか数十秒しか違いませんが、この数10秒が茶葉の形状や抽出に大きな差を生み出すのです。  深蒸し茶は、長く蒸すことによって、茶葉の中まで蒸気が伝わり、茶葉の組織が柔らかくなって、その後の揉みの工程で茶葉の形状が細かくなります。  一方、標準蒸し茶は短時間でサッと蒸し上げるため揉み込みやすく、茶葉に撚りがかかり、針のような細い形状になります。
健康性はもちろん、おいしさに魅力
 このように、蒸し時間の長短によって茶葉の形状が大きく変わりますが、これが各成分の抽出量にも違いをもたらします。  ここで、深蒸し茶と標準蒸し茶の同じランクの茶葉を使用し、茶葉の量や浸出時間など同じ条件で淹れた抽出液を用いて、抽出される成分について比較してみました。結果はなんと、お茶の旨みの素になるテアニンなどの総アミノ酸が、標準蒸し茶に比べ、深蒸し茶は約1.6倍も多く抽出されていることが分かりました。また、カテキンや総食物繊維といった健康成分に関しても、抽出量の差が如実に現れました。深蒸し茶は茶葉の形状が細かいため、その分湯に触れる面積が広がり、抽出性が高まるので、さまざまな栄養成分が溶け出しやすくなるのです。
 大ブームの要因となった健康性はもちろん、おいしさにも魅力がある深蒸し茶。健康に良いと言っても、おいしくなければなかなか続けられませんが、おいしいからこそ、毎日たくさん飲むことができます。たくさん飲むことで健康成分が豊富に摂取でき、深蒸し茶はまさに理にかなったお茶と言えます。  毎日の健康生活に深蒸し茶をお役立てください。
深蒸し茶
標準蒸し茶
深蒸し茶写真
深蒸し茶、湯気

人気ランキング

表示方法

画像プラス説明文で表示画像で表示

絞り込み
特集商品
食品 菓子 健康食品 雑貨
アイコン
指定なし人気商品SALE送料無料
並び替え

[ 指定なし ] [ 新しい順 | 古い順 ] [ 価格が安い順 | 価格が高い順 ] [ 商品名順 ] [ 売れ筋順 ]

表示件数

[ 25件 | 50件 | 100件 ]

商品一覧 ( 50件 )

全 2 ページ [前へ⇐]1|2| (カテゴリ名:お茶の種類について / 深蒸し煎茶)

商品一覧 ( 50件 )

全 2 ページ [前へ⇐]1|2|
ページトップへ